赤ちゃんの夜泣き!本音の口コミ

赤ちゃん夜泣き

赤ちゃんの夜泣きに悩むママは世界中にたくさんいらっしゃいます。

 

赤ちゃんは、成長して夢を見て不安になったりして夜泣きをしてしまうこともあります。ここでは、そんなママたち本音の口コミを紹介しています。

 

 

 

 

夜泣きってなんでするんでしょうね。うちの子もひどくて毎日悩みました。赤ちゃん時代はおむつだったりミルクだったり泣く理由は何となくわかるけど、母乳が終わり2歳、3歳の夜泣きは原因がわからない事が多かったです。突然すごい泣き方をしたり、永遠と泣き止まないんじゃないかと思う事もありました。あまりに泣くので一度起こしてしまう事も多かったです。起きるとキョトンと冷静になるんですよね。運動不足かもしれないし嫌な夢を見たのかもしれない。原因は様々あるんでしょうけど。子供が何か不安になっている事もあったかもしれません。とにかく夜泣きがひどく毎日寝不足の中での育児だったので私も昼間イライラが多かったです。そんな母親を見てストレスを感じたのかもしれません。そして夜泣きでと寝不足が続いて…悪循環ですよね。振り返ってみると、もっと誰かに頼れば良かったなと思います。昼間は子供に安心感を与える事って大切ですね。ぎゅーっと抱っこしてあげるだけでも安心するんですよ。お母さんの不安は子供にも伝わるので、そのせいで夜泣きがひどくなる事もあるのかもしれません。夜泣き真っ最中のお母さんは難しいけど一歩引いてゆったりとした気持ちで過ごしてみてくださいね。

 

 

私には今現在2歳1ヶ月になる娘がいます。1歳に満たない頃は、3時間おきに起きていましたが、1歳で断乳してからは朝から夜までぐっすり寝るようになり、私も睡眠時間を保つことができ、本当にうれしかったです。しかし1歳半を過ぎてから夜泣きが始まりました。

夜中に寝ている最中に急に大泣きが始まり、抱っこをしても反り返って嫌がり、添い寝をすることももちろんできませんでした。夫も上の娘ももちろん私も毎日寝不足状態が続いていました。
その頃の娘の昼寝の時間は30分から1時間ほどと決して多くはなく、午前中は外や児童センターなどで遊び、午後も上の娘が帰ってきてから外で一緒に遊んだりと、運動量も多かったように思います。しかし夜中にはやはり夜泣きが続きました。
私はいろいろな対策を試みましたが、結局はなにをしても泣くのは止まらないということがわかりました。そこで私が行った対策は、泣いている娘をひたすらギューッと抱っこしながら横になるという方法です。夫と上の娘はその時期は別の部屋で寝てもらいました。最初はジタバタ暴れているものの、少しすると落ち着き、そのまま私も娘とともに眠っていました。次第に夜泣きをすることもなくなり、また家族で眠れるようになりました。

 

 

うちの息子は赤ちゃんのころから夜泣きがひどく、悩まされてきました。今はまだ赤ちゃんだから、体内時計が作られていないんだ、年齢が上がれば収まるんだ、そう自分を励ましながら、あっという間に3歳に。

赤ちゃんのころよりは落ち着きましたが、今でも週に2,3回は夜中に大泣きします。昼間に思いっきり遊ばせて疲れ切っているはずなのに、どうして泣いてしまうのだろう、原因はよくわかりませんでした。インターネットで調べると、コミュニケーション不足とか、生活リズムが乱れているとか、まるで私が責められているような気持になり、辛かったです。自分なりに右往左往しながら一生懸命やっているつもりなのに、と落ち込む日もありました。
そこである日出会ったのが、「すやねむカモミール」。
夜泣き防止法はないかインターネットで検索して見つけました。オーガニックという言葉に弱い私。ノンカフェインだから子どもでも飲めるし、ぐっすり眠れる、という口コミを信じて、ものは試しと、購入してみました。
味は、クセのない飲みやすいハーブティといった感じ。息子と一緒に、ゴクゴク飲みました。私はいつもコーヒーとか紅茶などカフェイン入りのものばかり飲んでいたので、同じものを飲めるのが嬉しかったみたい。
その日は、本当にぐっすり。寝かしつけも短く、一度も起きずに朝まで熟睡しました。すやねむカモミール、すごい!
これからも長い付き合いになりそうです。

 

 

 

すやねむカモミールが今なら通常3,980円のところ、初回特別価格980円です。
先着300名様限定なので試してみたい方は早めの申込みがお得です↓↓